便秘体質女性、冬場の快腸を維持するために気をつけていること

30代半ばの女性です。20代初めに、食生活および生活習慣の改善で長年の便秘を解消することに成功しました。ですが、ほんのちょっとしたことで便秘が「復活」する、便秘体質であることに変わりはありません。最近の私自身の傾向と、その悩みについてご紹介します。

もう10年以上、「毎日お通じ」のペースをキープしているものの、それに絶対のリズムがあるというわけではありません。例えば月経周期によって、または引っ越しなど周辺環境の変化によって精神的なストレスがたまるのか、すぐに「出にくいな…」と感じてしまう、不安定な状態です。仕事はデスクワークが中心で座りっぱなしの時間が多いのですが、30歳を越えてからは、秋冬の時期、身体(特に下半身)の冷えにより持病のいぼ痔が悪化するようになってしまいました。このいぼ痔が、便秘を誘発するという悪循環を生みだします。体の内側と、外側のことなのになんでこんなに相互関係が?と不思議に思うのですが、とにかくこの二つは一緒にセットでやってくるので、迎え撃つ方は大変です。

対策としては、第一に座りっぱなし時間を極力避け、適度な軽いストレッチ体操などを時々行う事。また、下半身の冷えを避けるために、ひざ掛けや湯たんぽなどの温めグッズを利用することです。そして私にとって一番大切なポイントなのですが、温かい飲み物を頻繁に摂取することで、冷えの改善と水分不足の解消を試みます。冬場によく、「トイレが近くなるので…」と飲み物を敬遠する女性もいらっしゃいますが、私の場合は促進させます。これはまた、私のもう一つの持病である膀胱炎対策にもなりますので、冬場にはよくよく気をつけていることです。大きな魔法瓶に、ハーブティーなどを淹れて持ち歩き、ブレークタイムにストレッチをしながらゆっくり飲む、というのが理想的です。今年も秋冬に備え、油断せずにこの対策を講じたいと思っています。

アトピーの痒みに更年期が重なって眠れず

私が夜眠れなくなったのは、3年程前からです。私はアトピーなのですが、最初はそのアトピーの状態が悪く、痒みで1時2時まで眠れなかったことから始まりました。その所為で朝は8時頃まで寝てしまいます。

幸いと言っては何ですが、子供達も大きくなっていたので、朝送っていく必要もお弁当を作る必要もなかったので、無理して起きることもなかったので、余計夜眠れないままの状態が長引いてしまったかもしれません。

その後は皮膚科で塗り薬を強くしてもらったので、アトピーの方は眠れない程の痒みは無くなったのですが、今度は何故か眠れません。もちろん、それまで半年くらい眠れない状態が続いたのでその癖が付いてしまったのもあるでしょう。

でも、とても疲れた日でも、夕方30分程横になったりはしますが、夕飯の後は目が冴えてしまいます。

その頃、汗をかいたりしていたので、産婦人科でエストロゲン値を測っていただくと、「立派な更年期の値」だと言われました。更年期の女性の中には不眠症になるかたもいるようなので、その影響もあったようです。

心療内科で睡眠導入剤代わりにデパスを処方してもらいました。それですぐに身体の睡眠のリズムが整った訳ではありませんが、でも、これまで3年間この状態を続けてしまったので、また3年かけて元に戻していこうと思います。